【動画あり】ローガン・ポールが樹海で自殺者の死体を撮影した動画を投稿して大炎上!

1500万人の登録者を誇る海外の大人気YouTuberローガン・ポール(Logan Paul)。

そんな彼が、自殺者の死体を撮影した動画をYouTubeに投稿して、大炎上しています。

海外YouTuber「ローガン・ポール」が樹海で自殺者の死体動画を投稿して大炎上

ローガン・ポールは、日本で2番目に自殺者が多いといわれている「青木ヶ原樹海」に訪れました。

そこで、日本人のガイドを連れてキャンプをするという企画の撮影中に、偶然自殺した男性の死体を発見しました。

ローガン・ポールらは、首吊りをした男性の死体と2ショットを写真撮ったり、サムネイルを撮影したりしていました。

他にも、ジョークをかますような発言をして談笑している場面もYouTubeに投稿されていました。

樹海で自殺者の死体が発見された実際の動画

自殺確認シーンのみ。閲覧注意

ローガン・ポール大炎上

首吊り自殺した死体と2ショットを撮ったり、ジョークをかましていた事から「全然笑えないんだけど」や「悪ふざけの度が過ぎてる」と世界中から批判の声が殺到して大炎上しています。

ローガン・ポールが投稿した問題の「日本の自殺の森で死体を発見した」という動画の低評価数も、約20万を超えてました。

その後ローガンポールは、24時間で600万再生された問題動画を消去しました。

ローガン・ポールが騒動について謝罪

問題動画を削除後、ローガン・ポールが謝罪動画をYouTubeに投稿しました。

謝罪動画の再生回数は約3000万再生にも登り、低評価数は130万を超えていました。

日本語訳すると「俺は深刻な間違いを犯した、決して許されない事だ。」や「被害者とその家族の方にはごめんなさい」と謝罪していました。

Twitterでも「自分が恥ずかしい」と謝罪をツイート。

YouTube運営が他人事コメントをして炎上!

日本語訳すると「動画を見て、わたしたちも多くの人たちと同じく動揺しました」とツイート。

ローガンポールの処分が決まる

11日に、YouTube公式がローガン・ポールの処分を発表しました。

処分の内容

処分の内容を簡単に説明すると

  • Google Preferredから(ローガン・ポールの)チャンネルを除外
  • YouTube Redのコメディドラマ「Foursome」の出演中止
  • YouTube Redで公開予定だったオリジナルドラマプロジェクトの制作を保留

YouTubeから3つのペナルティーを受けた模様です。

ちなみにYouTube公式は、ローガン・ポールのチャンネル削除について検討中だそうです。

それと、チャンネルがGoogle Preferredから除外された事により、ローガン・ポールの収益が今後大きく減少すると思われます。

Google Preferred(グーグル プリファード)とは

Google Preferred(グーグル プリファード)とは「チャンネルの視聴者に合わせた広告を確実に出稿出来る」という機能。

Google Preferredが導入されているチャンネルは、視聴者に合わせた広告が確実に出稿出来る為、広告が長く見られやすくなったり、広告がクリックされやすくなるというメリットがある。

日本では「HIKAKIN」や「SEIKIN」などの、大物YouTuberのチャンネルにGoogle Preferredが導入されている。

ローガン・ポールのチャンネル削除を訴える声も

ローガン・ポールにペナルティーが下された中、「アカウントを停止しろ」や「チャンネルを削除しろ」といった声も上がっています。

50万人がチャンネル削除を訴える

オンラインの署名活動サイト「Change.org」にて、50万人もの署名がローガン・ポールのチャンネル削除を訴えている模様。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)