へずまりゅうは元街コンコンサルの社長!本名や年齢,学歴(大学)や卒アル画像,BAN騒動まとめ

人気YouTuberやネット活動者の撮影中を狙って強制コラボを行うことで知られている迷惑系YouTuberへずまりゅう。

最近では、休業指示を無視して営業を続ける兵庫県のパチンコ店に突撃する動画を公開して話題になっています。

この記事では、そんなへずまりゅうの本名や年齢等のプロフィールや、流出した卒アルや学歴、街コンコンサルの社長時代について紹介しています。

並びにへずまりゅうのYouTubeアカウントがBANされた理由についてもまとめているので、気になる方はぜひ閲覧お願い致します。

スポンサーリンク

へずまりゅうの本名や年齢等のプロフィール

本名 原田将大
年齢(生年月日) 29歳(1990年5月9日)
身長 181cm
出身地 山口県防府市
学歴(大学) 徳山大学
血液型 O型

へずまりゅうは元々本名を非公開で活動していましたが、2度目の逮捕がきっかけで、本名が報道されたことで発覚しました。苗字は最初から「原田」と割れていました。

本名の読み方は「はらだしょうた」です。これはへずまりゅうの両親が週刊女性プライムの独占インタビューで答えていた情報なので確定です。

ちなみに「へずまりゅう」という名前は、本人曰く芸名だそうです。

へずまりゅうの学歴(大学)

へずまりゅうの大学は山口県周南市学園台にある「徳山大学」です。大学の情報サイトによれば、偏差値は43~44だそうです。

へずまりゅうの学生時代

へずまは学生時代、レスリングでオリンピックを目指していたそうで、インターハイや国体にも出場していたほどの実力者だったようです。

上記のツイートに書かれているへずまの後輩とは、2016年のリオデジャネイロオリンピックで銀メダルをとった「太田忍」選手のことです。

スポンサーリンク

元街コンコンサルの社長

ツイキャス配信者兼YouTuber「コレコレ」に対しての凸動画で、へずまりゅうは自身のことを「元街コンコンサルの社長」と話しています。

街コンというのは、地域振興を目的とした大規模なコンパイベントの事なので、それをコンサルタントする会社の社長だったという事になります。

また、へずまりゅうは、迷惑系YouTuberに路線変更する前は、真っ当な動画を投稿しているごく普通のYouTuberだったそうです。

街コンコンサルで稼げなくなった事をきっかけに、友達や家族、山口県や会社等を捨てて、身内に迷惑がかからないように「迷惑系YouTuber」に路線変更したそうです。

へずまりゅうの卒アル画像

卒アルが流出した事で、へずまりゅうは自身の卒アルを潔くツイッターに投稿しています。

本当かどうかはわからないですが、高校時代は毎日殴り合いをしていたみたいです。

へずまりゅうのBAN騒動

2020年の5月15日に、登録者数10万人寸前のへずまりゅうのYouTubeアカウントがBANされました。

悪質なYouTuberということでYouTubeの利用者からは、前々からアカウントのBANが望まれていたので、今回垢BANされたことがツイッターやネット上で話題になっています。


ツイッターの情報によると、へずまりゅうのYouTubeアカウントは5月15日の昼頃にはすでに停止されていたようです。

スポンサーリンク

へずまりゅうのアカウントがBANされた原因

へずまりゅうのアカウントがBANされた主な理由は、YouTubeの利用規約である「コミュニティガイドライン」に違反したことが原因のようです。

YouTubeでは、90日以内に事前警告を3回受けるとアカウントが永久停止(BAN)される仕組みになっています。

へずまりゅうは既に「失神ゲーム」や「パーカー、ねおの凸動画」などで、事前警告を2回受けていたようです。

そして今回YouTube運営は、へずまりゅうの過去動画を個人を対象とした嫌がらせコンテンツと判断し、アカウントの停止を行ったようです。

今後へずまりゅうは、人気YouTuberジュキヤの「ジュキぱっぱ」をオマージュしたサブチャンネルである「ヘズぱっぱ」をメインチャンネルとして活動していくそうです。

追記:現在へずまりゅうのチャンネルは全てBANされています。

へずまりゅう2度目の逮捕!死亡説も浮上!両親は自殺?コロナ感染経路や釈放疑惑,逮捕理由を解説

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す