レぺゼン地球DJ社長の次の夢は大麻販売?刺青(タトゥー)や解散後の今後について調査!

YouTubeの登録者数250万人以上を誇るDJ集団の「レぺゼン地球」が、クリスマスから一夜が明けた12月26日に福岡PeyPeyドームで解散ライブを開催しました。

そんな中、現在ツイッターなどのSNS上で、DJ社長の言っていた次の夢というのが「大麻の販売」なのではないのかと話題になっています。

この記事では、DJ社長の次の夢が大麻の販売と話題になった経緯理由などについて紹介しています。

また、メンバーが全身に刺青を入れていたとのことで海外進出の噂も浮上しているので、解散後の今後の事についてもまとめていきます。

スポンサーリンク

レぺゼン地球が福岡PeyPeyドームで解散ライブ

12月26日に福岡PeyPeyドームで行われた解散ライブで、レぺゼン地球が解散を果たしました。

元々は去年の夏頃に「埼玉西武ドーム」でライブを行う予定でしたが、パワハラ騒動によって炎上し、今回の機会になったといいます。

DJ社長は、レぺゼン地球を結成した当初からドームに立つことが「」だったそうで、今回の解散ライブで念願の夢が叶ったようです。

解散ライブには、YouTuberのヒカルてんちむヘラヘラ三銃士などの有名人も来ていたとのことです。

解散した理由は?

レぺゼン地球が解散した理由は「元から決めていたから」です。

DJ社長は、レぺゼン地球を結成した当初から「ドームに立ったら解散する」という事を決めていたそうで、今回DJ社長の夢である念願のドーム公演が叶った事で、解散を発表したとのことです。

スポンサーリンク

レぺゼン地球解散後DJ社長の次の夢とは?

レぺゼン地球の解散ライブに実際に足を運んだ方がYouTubeでライブの内容などについてを話していました。

動画によれば、DJ社長の次の夢は「海外進出」だそうです。

世界一をとってジャスティンビーバーなどの世界的アーティストと肩を並べると話していたみたいです。

DJ社長の次の夢について詳しいことは、2021年1月1日の21時から発表されるようです。

DJ社長の次の夢は大麻販売?

解散ライブで「世界進出」を発表していたDJ社長ですが、一部では「麻薬の売人」で世界をとるのではないかと言われています。

事の発端は、配信者のコレコレ12月26日に行ったYouTubeライブで「レぺゼン地球は解散後、海外で大麻を販売すると言っていた」と発言していた事がきっかけとのことです。

コレコレはこのことを脅迫騒動でDJ社長から直接謝罪された時に聞いたそうです。

脅迫騒動について詳しくはコチラ↓

悪ふざけネタとして言っていた可能性もあるので本当かどうかは定かではないのですが、解散ライブの前日に投稿されたMV大麻らしき物を吸っている映像もあったので、真偽は不明です。

ちなみにもし仮にMVで大麻を吸っていたとしても、映像的に海外で撮影していると思われるので犯罪にはならないです。(大麻は日本では禁止されていますが、一部では合法な国もあるようです。)

スポンサーリンク

レぺゼン地球のメンバーが全身に刺青(タトゥー)

大麻を吸っていたMVには、DJ社長以外のメンバー全身刺青を入れている様子も写っていました。

これについては、世界の大物アーティストにはタトゥーを入れている方も結構多いので、世界進出の為にタトゥーを入れたのではないのかと言われています。

刺青ではなく、時間が経つと消えるヘナタトゥーの可能性もあるので、真偽は不明ですが、ファンの間では「少し悲しい」との声もあるようです。

レぺゼン地球の動画がすべて削除

レぺゼン地球が解散したことで、今までの過去動画や曲チャンネルなどに投稿されていたMVが全て削除されました。

レぺゼン地球解散にあたっての「節目」として動画を削除したのだと思われます。

削除されたのは動画だけなので、チャンネル自体はまだ残っています。

ちなみに削除されたことによって現在、YouTube上でレぺゼン地球の過去動画が無断転載される事態になっているようです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す