【炎上】よりひとがスーパークレイジー君との試合を放棄!暴力騒動の経緯や裁判沙汰について解説!

登録者数60万人以上を誇る迷惑系YouTuberのよりひとが現在ツイッターなどのSNS上で炎上しています。

事の発端は、格闘技イベント「HATASHIAI(果たし合い)」で政治家として知られている「スーパークレイジー君」と戦うはずだったよりひとが突然試合を放棄したことが原因とのことです。

これによって、HATASHIAIの会場内で大乱闘が勃発するといった暴動が起き、暴力事件や警察沙汰、救急車を呼ぶ事態となったようです。

この件でよりひとがHATASHIAIの運営に訴訟される事態にもなったそうなので、実際の動画や暴行事件に至った経緯と合わせてまとめていきます。

スポンサーリンク

よりひとがスーパークレイジー君との試合を放棄

12月19日に行われた格闘技イベント「HATASHIAI(果たし合い)」で、スーパークレイジー君と戦うはずだったよりひとが突然試合を放棄しました。

HATASHIAIとは、因縁を持った素人同士が格闘技や口喧嘩などの様々なルールで対決し合うといった企画で、過去にはNHKをぶっ壊すでお馴染みの立花孝志や、YouTuberのエド、自称少年革命家のゆたぼんなども参加しています。

元々は迷惑系YouTuberの先駆者である「へずまりゅう」がスーパークレイジー君と対戦する予定だったみたいですが、逮捕されたことによって出場出来なくなり、その代わりとしてよりひとが対戦相手となったそうです。

実際の動画

試合開始のゴングが鳴った瞬間、突然よりひとがリング外に逃亡し、セコンドにいた数十人の取り巻き達にスーパークレイジー君を襲わせました。

これによって大乱闘が勃発し、スーパークレイジー君がよりひとの取り巻きに暴行するといった事態が起き、会場はパニック状態に至ります。

この事態に、観客席にいた立花孝志は「よりひと出てこい!」「スポーツなめるのもいい加減にしろ!」「傷害罪になるぞ!」と激怒していました。

また、よりひとの対戦相手であったスーパークレイジー君も「真面目に試合をやれ」や「金払って格闘技見に来ている方に失礼」などと激怒している様子でした。

スーパークレイジー君に顔面を殴られたのか、唇を腫らし、鼻を抑えながら涙を流してリングに戻るよりひと。

最終的には、運営が「1分1ラウンドでスーパークレイジーは一切手を出さない」といった特別ルールを提案し、仕切り直しが行われて試合が終了します。

試合終了後はよりひとの土下座によって場が収まったようです。

ちなみによりひとは、スーパークレイジー君に顔面を殴られたとのことで救急車に運ばれたみたいで、会場はパトカーが出動する警察沙汰になったようです。

スポンサーリンク

よりひとが炎上

HATASHIAIのイベント会場に実際に来ていた方達がツイッターなどのSNS上に暴力事件の動画や、警察沙汰になった映像などをツイートしたことでこの騒動が話題になりました。

動画が出回った当初は、暴力を行っているスーパークレイジー君側に批判が殺到していたが、蓋を開けてみればよりひとが試合を放棄し、暴行を指示していたということが発覚し、よりひとが炎上しました。

ネット上では、「金払って会場に来ている方達が可哀想」や「メインイベントをめちゃくちゃにしている」などといったスーパークレイジー君寄りの意見が多く見受けられました。

悪いのは運営?よりひとが釈明

スーパークレイジー君との試合放棄事件から翌日の12月20日に、よりひとが騒動についての釈明動画を自身のYouTubeチャンネルに公開しました。

よりひとによれば、試合放棄やセコンドに対しての暴行指示などはすべて運営(HATASHIAI)承諾済みのヤラセだったとのことです。

そして運営がスーパークレイジー君側にヤラセのことを伝えていなかったことがきっかけで、今回の騒動が起きたようです。

スーパークレイジー君は運営側から「試合開始前により人のセコンド側から挑発される」としか聞いていなかったといいます。

またよりひとは、ギャラが貰えるという事で試合の出場を承諾したみたいですが、実際に打ち合わせをしてみるとノーギャラだと言われたそうで、それだったら自分にメリットがある形(炎上商法)で試合を運びたいのとのことで、今回のヤラセをしたそうです。

その他にも、よりひとは脂肪吸引をしていた事もあって、運営には事前に「殴り合いはできない」と伝えていたみたいです。

スポンサーリンク

立花孝志も運営が悪いと言及

NHKから国民を守る党でお馴染みの「立花孝志」も、自身のYouTubeチャンネルで運営が悪いと言及しています。

立花孝志は試合終了後に自分含めた「よりひと」「スーパークレイジー君」「運営の代表」の4人と話し合ったそうで、その時によりひとに運営とのやり取りをすべて見せてもらったそうです。

やり取りによれば、よりひとは事前に運営にヤラセをすることを伝えていたようで、運営がスーパークレイジー君にヤラセの演出を伝えていなかったみたいです。

そして立花孝志曰く、運営はスーパークレイジー君に辞退されることを恐れてヤラセを伝えなかったといいます。

スーパークレイジー君本人も「運営から伝えられていない」と言っていた為、運営が悪いという結論になったとのことです。

運営がよりひとを訴訟

試合放棄事件から4日が過ぎた12月23日に、よりひとがYouTube上で運営のHATASHIAIに訴えられるということを報告していました。

運営側の言い分は、よりひとに打ち合わせを4回ドタキャンされたそうで、出場の辞退を勧めたのにも関わらず、辞退してくれなかったとのことです。

これについてよりひとは、そもそもギャラが貰える話だったのに貰えなくなったりといった様々な変更点があったことから運営に対して不信感が募り、優先順位が下がってしまった事でドタキャンしたと説明しています。

運営から出場の辞退を勧められたということについては「そんなことは言われていない、辞めましょうと言われたら辞めてます。ギャラ貰ってないんで」と話していました。

よりひとと運営側の言い分が食い違っているので、どちらが真実を言っているかは定かではありません。

スポンサーリンク

運営とよりひとが和解

12月24日によりひとを訴訟するとしていた運営のHATASHIAIがよりひととの和解を報告していました。

クリスマスの日によりひとがHATASHIAIの事務所に訪れたそうで、そこで朝まで話し合った結果「和解」という形になったといいます。

提訴を取下げ、和解に至ったのは、訴訟したところで時間がかかるし、仮に勝訴しても「運営が一番悪い」という事実は消えないということが主な理由だそうです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す